公益社団法人千葉西法人会 健全な納税者の団体、よき経営者を目指すものの団体。それが法人会です。

公益社団法人 千葉西法人会
トップページ
千葉西法人会について
千葉西法人会事業内容
千葉西法人会の組織
法人会とは何か
事業スケジュール

千葉西法人会 入会案内
千葉西法人会
千葉西法人会

セミナー DVD・CDレンタルサービス 会員無料・ネットで予約 千葉西法人会
インターネットセミナー
千葉西法人会について
ご挨拶
基本的方針
概要・沿革
アクセスマップ
公開情報
広報誌バックナンバー
コンテンツ
基本的方針
基本的指針・良き経営者の指針
 法人会活動が活性化するに伴い、事業の公益性をさらに高め、併せて税制改正に対する発言力や社会的地位を確立するため、公益法人化(社団法人化)への気運が高まり、1964年(昭和39年)9月2日、葛飾法人会に社団法人の設立許可が下りたのをきっかけに全法人会の法人格取得が推進されました。
 1992年(平成4年)12月、全国すべての法人会が社団法人化を達成したことを契機に1993年(平成5年)1月には、法人会のさらなる発展を図るために「基本的指針」と新しいシンボルマークおよび「よき経営者の指針」等を制定しました。
 又、2013年(平成25年)4月1日には、新法に基づき公益社団法人に移行登記を完了し、公益団体としての事業を継承しております。
法人会の基本的指針
法人会はよき経営者をめざすものの団体として
会員の積極的な自己啓発を支援し
納税意識の向上と
企業経営および社会の
健全な発展に貢献します
良き経営者の指針
(1)経営者としての責務を果たすため自己研鑽に努める
(2)企業の健全な維持発展を図る
(3)従業員が安心して働けるよう職場環境を整える
(4)従業員教育と後継者育成に努める
(5)良質な製品、商品、サービスを通じて社会に寄与する
(6)適正な納税を通じて社会に寄与する
(7)地域の一員として社会の発展に寄与する
コンテンツ
質問・相談はこちらまで